義両親から精米していないお米を貰ったので初めてコイン精米機を使ってみました

皆さんはお米は買っていますか?それとも実家や親戚などから分けて貰っていますか?

我が家の場合は有難いことに、義両親を通じて稲作農家さんからお米を頂いてます。

最初の頃は精米した状態だったのですが、面倒になったのか業務用米袋で玄米を送って下さるようになりました。

大学生時代から結婚するまで、自炊は一切してなかった夫であるダンナッシーは当然ですが、私ですら精米した経験はありません。

試しに玄米で食べてみましたが、市販されている玄米食用のお米と違い、なんだか食感が悪いのです。苦笑。

もみ殻も多く洗いながら拾うのが大変で、これは精米をすること前提の状態なんでしょうね。

そこで私達は、人生で初めてコイン精米を利用することにしました。

スポンサーリンク
でるはら(レクタングル336×280)

▼目次

  1. そもそもコイン精米所ってどこにあるの?
  2. 精米料金っていくらかかるの?無洗米とか何分づきか選べるの?
  3. 精米されたお米を入れる袋をセットする
  4. 無洗米以外は途中で精米具合を変更できます
  5. 最後まで自動化されています
  6. 夫と妻のお米を何回まで洗うか論争

そもそもコイン精米所ってどこにあるの?

まず最初の問題は、コイン精米所がどこにあるか探さなければなりません。

普段何の気なしに車を走らせていると、時々見かけることはあります。

けれど自分に必要のない情報って、いちいち記憶に残らないですよね。

私達が発見した精米所は、このようなエリアにありました。

● 産直の駐車場

● 田んぼが沢山ある道路沿い

● イオンショッピングセンターの駐車場

● ホームセンターの駐車場

田んぼ
私達が住む隣りの市は、平地が多く稲作が盛んです。

当然自分の家や親戚が農業を営んでいる方が多く、私達のようにお米を頂く機会が多いのか、精米所が至る所にありました。

いつも通っていた場所でも全く気が付ないものですね(^^;

そこに比べて数は少ないものの、意識して探すと私達の住むエリアにもちょこちょこあることに気が付きました。

特にイオンの駐車場は、今までそこにあったことすら気が付いていませんでしたね。

なにせ店舗から最も離れた駐車場の端っこに、ぽつんと立っていたからです。笑。
コイン精米所

最終的には家から最も近い、ホームセンターの精米所を利用することにしました。

精米料金っていくらかかるの?何分づきかが選べるの?

地域によって違うかもしれませんが、料金は10kgで100円が目安のようです。
コイン精米機
精米具合も選べるので「玄米の栄養価は魅力的だけど、胃腸が弱いので消化に負担がかかる」という方なら、5分づき以上を選ぶと良いかもしれませんね。

もうすぐ出産を控えている私は、なるべく家事の手間を省くため、今回は無洗米を選ぶことにしました。

持ってきたお米が何キロか分かりませんが、お釣りは出るので多めにお金を入れておきます。
コイン精米機
投入口が開いたら、そこに玄米を一気に入れましょう。

精米されたお米を入れる袋をセットする

玄米がどんどん吸い込まれていきます。
コイン精米機
精米されたお米は、右側の受取口に向かって出てくる仕組みです。
コイン精米機
まさにライスシャワー!

出口には持ってきた袋をセットしておきます。
コイン精米機
精米されたお米が勝手に出てくるわけではないので、焦らずに設置しましょう。

無洗米以外は途中で精米具合を変更できます

親切に精米完了までの予想時間が表示されています。
コイン精米機
今回の無洗米では出来ませんが、それ以外の精米方法であれば途中で何分づきかに変更できるそうです。
コイン精米機
足元のレバーを踏むと、精米されたお米が下に落ちて来る仕組みです。

最後まで自動化されています

端に残った玄米が気になりますが、最後にバンッ!バンッ!と大きな音を鳴らしながら、自動で叩いてくれるのでご安心下さい。
コイン精米機
またお米を入れる投入口のシャッターを自分で閉めるのかどうかも気になるでしょう。
コイン精米機
しばらくすると自動で閉まりますので、これまたご安心くださいね。

夫と妻のお米を何回まで洗うか論争

男性は一般的に真っ白い銀シャリが好きですよね。

女性は身体に良いものが好きなので、玄米、雑穀米、胚芽米、分づき米等に抵抗はありません。

お米をどの位洗うか(研ぐか)について、夫婦でケンカになることもあるそうです。

白い水が出ないぐらいまで洗ってほしいという神経質な旦那さんもいらっしゃるそうですが、最近は洗いすぎは推奨されていないそうです。

洗いすぎるとお米にヒビがはいっちゃいますしね・・・(-_-;)
あ、ご飯は少なめでお願いしますと言う男性
もしそこまで洗って欲しいというのなら、ぜひお米研ぎは旦那さんが担当して欲しいなあと思うのでした。

今回は無洗米で精米したので、お米を研いだことが無い(そもそも研ぐってなーに?と聞いてきた)我が家のダンナッシーでも、今後は炊くことが出来ますよ\(^o^)/

▲目次にもどる

スポンサーリンク
でるはら(レクタングル336×280)
でるはら(レクタングル336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする