夫のノーブランド冬物コートをセカンドストリートで売りました!その買取価格は・・・

今年のお正月明けに、私は自分の不要な服をセカンドストリートで売却しました。

参照:メルカリで売れなかった洋服をセカンドストリートで売りました!
コムサデモード

それを旦那ことダンナッシーに話したところ「俺のいらないコートも売っていいよ」と言われたんです。

使ってない物を保管し続ける性格のダンナッシーにしては珍しい発言でした。

どうやら私がメルカリやAmazonマーケットプレイスで、売り買いしているのを間近で目にしていいることも影響しているようですね。

何より元旦そうそう、着ていない合皮ジャケットが劣化してボロボロになったことで、「使わないなら早めに手放す」意識が生まれたのかもしれません。

スポンサーリンク
でるはら(レクタングル336×280)

▼目次

  1. 物を捨てられない夫がコートを処分していいと言った理由
  2. メルカリで売る?それともセカンドストリート売る?
  3. 季節のものは高く売れる売り時がある
  4. 果たして買取価格は・・・?

物を捨てられない夫がコートを処分していいと言った理由

売ってもいいと言った理由は、買ってから一度も着ていなかったからです。

ネット通販で注文したものの、自分が予想していたよりも鮮やかなブルーで、それが着ていない理由とのこと。

dav

dav


確かにダンナッシーは黒・グレー・紺・えんじ色の4色しか、着ているのを見た事がありません。

そのうえ冬物のジャケットやコートを、日替わりで着れるぐらい枚数を持っていました。

● MA-1ショートブルゾン(黒に限りなく近いグレー)

● ショートダッフルコート(グレー)

● ショートPコート(黒)

● ショートPコート(黒に限りなく近いグレー)

● ショートPコート(青)

● ショート合皮ブルゾン(えんじ色)

最後の2つが、今回手放すものと、先日手放したものですね。

残りの冬物アウターは4枚ありますが、どれも似たようなラインナップです。苦笑。

しかも今年の冬に着ているのは「MA-1ショートブルゾン」のみでして・・・

去年の冬は独身だったのもあり、お洒落要素の高いダッフルコートも着ていましたが、結婚した今年は軽く手暖かいブルゾンばかり着ています。

私も夫のことばかり言えませんが、実用性重視になりますよね~( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

メルカリで売る?それともセカンドストリート売る?

今回惜しいと思ったのは未使用にも関わらず、タグがすでに外されていたこと。

知名度のないメーカー品と言えど、タグがあれば新品扱いで少し買取額も上がりそうですよね。

最初はメルカリに出品しようかと思いましたが、大人向けの服はブランド品か、もしくはかなりの激安価格で出さないと売れません。

いいね!は沢山ついたり、コメントで質問も入りますが、手間がかかる割になかなか売れないのも分かっています。

後、イメージが違うなどの理由で返品リスクも高いアイテムです。
机の上の電卓とペン
利益が出るどころか、送料の分マイナスとなる可能性があるため、ここは割り切ってセカンドストリートで売ることにしました。

それに前回売りに行った際、次回の買取額が20%アップするクーポンも頂いていたのも決め手のひとつとなりました(^o^)

季節のものは高く売れる売り時がある

売りに行ったのは2月2日、なんと店頭で『春物買取強化中』のポスターを発見!

「もうすでに春物に移ってる・・・もしかして来るのが遅かった!?(◎_◎;)」

ただし、ここは氷点下の狭間をウロウロしている雪国です。
クリスマスシーズンのモミの木
例年であれば寒さのピークは2月でこれからが本番、今すぐ着れる服としてまだ需要が見込めるはず。

それでも未使用とはいえ、ほぼノーブランドみたいな物ですし、400円いけばラッキーかなあという予想でした。

果たして買取価格は・・・?

その買取価格はこちらです↓

基本買取価格 500円
20%アップ分 100円
==========
合計 600円

意外にも私の予想よりも高かったです。前回のニコアンドのカーディガンなんて100円ですよ、100円!
子供とお金
それを考えると値増クーポンが無くても500円なら、かなり良いお値段だったと思います。

実はダンナッシーのクローゼットに、タグのついた春物のニットが眠っていることに気が付いたワタシ。

雪予報が出なくなった頃に「これ着るのかな?」と声掛けしてみたいと思います。

▲目次にもどる

スポンサーリンク
でるはら(レクタングル336×280)
でるはら(レクタングル336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする