年賀状をこれから書く人は要注意!私が知らなかった年賀状のマナーについて

皆さんはすでに年賀状を投函されたのでしょうか?

後手後手タイプの私と、超のんびり屋の夫ダンナッシーは当然、まだ投函していません。

先ほど今更ながらにコンビニで年賀状を購入して参りました。
年賀ハガキ
最初に入ったファミリーマートでは、ほぼ完売。

次にドライブがてら行った先のローソンでは、発注が上手なのか、それとも地域柄コンビニで購入する方が少ないのか、在庫が沢山ありましたよ。

5枚入って480円と割高ですが、必要枚数が2人で15枚というコミュ障夫婦なので、印刷するほどでもないかなあとこれで済ませることにしました。

来年は子供が生まれるので、写真も入れて自分で印刷しようかなあ~と思っています。

タイムリーなことに今朝見たテレビ朝日の「モーニングショー」で、年賀状のマナーについて解説していました。

知らなかったことが多かったので、自分の備忘録がてらここに残しておきます!

スポンサーリンク
でるはら(レクタングル336×280)

通常のハガキで年賀状を送る時の注意点

まずは市販の年賀ハガキではなく、通常のハガキを利用したり、オリジナルの紙で自作される場合の注意点です。

それは切手の下に表示する『年賀』の文字の色。

ここを黒い色で書くと通常郵便と判断されるため、年内に届けられてしまう可能性があるそうです。
年賀はがき
必ず赤い色で記入するようにしましょうね!

夫婦宛に出す時の「様」に注意

結婚するとご夫婦宛に年賀状を送ることも多いと思います。

その際に名字は共通にして1行で良いですが、下のお名前にはそれぞれ『様』をつけるのをお忘れなく。
ケンカする男と女
上司宅にマナー違反の年賀状を出したのが発覚して、新年早々ケンカにならないように・・・

年賀状であるある間違い探し

ついやってしまいがちな、誤った文章の間違い探ししてみましょう。
メガネをかける女性

新年 明けましておめでとうございます

新年と明けましての両方を同時に使うのはNG!

新年おめでとうございます、もしくは明けましておめでとうございますが正しいそうです。

皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

こちらは意外にも「。」句読点がNG!

年の初めの挨拶から、句読点=区切りをつけるのは良くないそうです。
年賀ハガキ
確かに市販のハガキには、句読点がついていないですね。

去年は大変お世話になりました

使いがちですが「去(さる)」という言葉は忌み言葉にあたります。

この場合は「昨年(さくねん)は~」という言葉を使うのが正しいそうですよ。

日本猿
ちなみに2016年の干支は猿・・・猿が去る・・・|д゚)

A HAPPY NEW YEAH!

この場合に「A」をつけてしまうと「良いお年を」という意味になるそうです。

そのため年明けに届く年賀状には「HAPPY NEW YEAH!」のみを記入しましょう。

最後に

何気なく出していた年賀状ですが、こんなに細かいルールがあるとは知りませんでした。

言われてみれば成程と納得することばかりですが、気にしないと見過ごしてしまうことばかりなので注意したいと思います(^o^)

スポンサーリンク
でるはら(レクタングル336×280)
でるはら(レクタングル336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする