引っ越してからTシャツ類が虫に食われまくり!急いで対策してみました

夫婦二人のクローゼットの使用方法

結婚して今の部屋に引っ越して来てから、春・夏・秋・そしてすでに冬の気配を迎えています。

住んでいるのは社宅扱いの賃貸アパートで、積水ハウスのシャーメゾンです。

間取りは2LDKで、小さい部屋は寝室に、もう一つの部屋は本棚2つと段ボールがいくつか積んであります。ええ、未だに・・・(^^;

本棚を置いてある部屋は、大きなクローゼットが備え付けてあります。

扉を開けて向かって左半分を夫であるダンナッシーの服を、右半分には私の服を収納しています。

クローゼット内には前後にポールが2本設置されてあり、奥側にシーズン外のもの、手前に今のシーズン着ている服をかけています。

その下には4段の引き出し型収納ケースを設置している状態です。

スポンサーリンク
でるはら(レクタングル336×280)

ハンガーにかけていたTシャツすらも虫食いの被害に!

先日、着用しようと思ったニットに小さな穴を発見しました。

本当に小さな穴が1つだけでしたし、何せニットなので「何かに引っかけてしまったかな?」と思いました。

ところが数日後に長袖Tシャツを着ようとしたところ・・・

穴が開いている!それも1つや2つじゃない!!
Tシャツに虫食いの穴
小さな蟻が銃撃戦を行ったような、小さな穴ぼこが7つもあるではないですか。

ちなみに右側の薄いピンクが先ほどのニットです。

調べてみたら他にも白いTシャツ、マキシ丈のロングワンピースにもそれぞれ穴が1~2つ開いていました。

これはいわゆる「虫食い」というやつですね。

人生それなりに長く生きて来ましたし、比較的引越しも多い方でしたが、衣類の虫食いは初めての体験です。

衣類を食べる虫はどこからくるの?

虫は幼虫の間に衣類を食べて成長し、羽が生えた成虫になる頃には外に出て行くことが殆どだそうです。

けれど快適に保たれている現代の屋内は、人にとっても虫にとっても快適なため、そのまま屋内で生活することもあるのだとか・・・怖い。
クローゼット
また温度が管理されているということは、昔と違って虫が多くなる時期、少なくなる時期は季節にあまり影響されなくなるということです。

代表的な虫は「カツオブシムシ」「イガ」だそうで、その成虫は家の中だけでなく、屋外の色々なところを飛んでいるそうです。

洗濯物を外に干したり、外出したりした際に衣類に付着し、家の中に持ち込んで卵を産んで、その卵が・・・ギャアアア(;´Д`)

服を食べる虫が好きな部屋環境は?

衣類を食べる虫が好む環境は「湿気」と「エサ」です。

湿度は60〜80%前後という高めを好み、エサとは埃や汗や皮脂汚れ、もちろん食べかす等があります。
こぼれ落ちる雫
ちなみに好きな衣類は綿やシルク、ウールやカシミヤなど天然素材がお好みです。

化学繊維はお嫌いとのことで、なかなかのグルメの様ですね。

確かに私の食われた衣類は、何年も着古した綿素材ばかりでした。

また別の時に書きますが、こちらの物件のすぐ裏手が山なんです。

この部屋の窓を開けたら数メートル先が山という環境のせいか、本棚と服しかないのに湿気取りにすぐ水が溜まります。

どうやら虫が好む条件が揃っていたのが分かります。

防虫剤を使用してみました

対策としてクローゼット用の防虫剤を使用することにしました。

ところでクローゼット用と洋服ダンス用って何が違うのでしょうか?

内容量を見るとクローゼットは3個、洋服ダンスは2個入りでその分少しお安くなっています。
衣類の防虫対策
使用目安のサイズを見ると、洋服ダンスは小さく、クローゼットは大きい範囲になります。

高さはそれほど違いはないと思いますが、幅が180cm位なら3個が目安とのこと。

私が購入した製品の使用目安は1年間ですが、中央の窓に「完了」の文字が出たら取り換え時期と非常に分かりやすいです。

これで虫の被害が治まると良いのですが・・・

スポンサーリンク
でるはら(レクタングル336×280)
でるはら(レクタングル336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする