大船渡市の わんぱくひろば の体験レポと子供連れで行けるおすすめランチ♪

週末は子供と一緒に遊びたいけれど、特にまだ歩けないお子さんの場合、屋外で遊ぶのは難しいですよね。そんな中、沿岸を順次まわっている、屋内イベントがあることをご存じでしょうか。

申込みも不要で、料金もかかりません。その割には口コミ情報が見つからず、一体どんなことをしているの?と疑問に感じていました。今回大船渡のイベントに参加をしてきたので、その時の感想などをこちらの記事でまとめました。

それと子供連れで利用しやすい、大船渡市のおすすめランチスポットもご紹介していますので、あなたの参考になれば幸いです(・∀・)

スポンサーリンク
でるはら(レクタングル336×280)

▼目次

  1. 無料で遊べる わんぱくひろば ってどんな所?
  2. わんぱくひろばについての疑問
  3. わんぱくひろばの様子
  4. 次回の わんぱくひろば の会場は釜石です
  5. 大船渡市で子供連れOKな焼肉ランチ
  6. 大船渡市で子ども連れOKなイタリアンランチ
  7. 大船渡市の子供連れにもオススメのパン屋さん
  8. わんぱくひろばと大船渡ランチ

無料で遊べる わんぱくひろば ってどんな所?

岩手県にお住いの皆さんは「わんぱくひろば」をご存じでしょうか?私は広報の告知で初めて知りました。
岩手県わんぱくひろば
岩手県社会福祉事業団の「東日本大震災 いわて子ども支援センター」が主催で行っているイベントで、0歳児から小学校に入学前の未就学児を対象とした、各地の体育館に遊具を揃えた遊び場なんです。

2012年から継続して行われていて、2018年の今年は春、秋、冬に開催予定となっています。

事前の申込みは不要で入場料金も無料です。会場は大船渡市、宮古市、久慈市、山田町、陸前高田市、釜石市の体育館で順次開催されています。

わんぱくひろばについての疑問

私もイベント自体があることは知っていましたが、参加したのは今回が初めてです。私と同じ様に「気にはなるけど迷っている」方に向けて、私が疑問に思っていた点をまとめてみましたよ。

赤ちゃんが行っても楽しめるの?

ベビーモデル
チラシには0歳児からの未就学児と書かれているものの、会場は子供達が元気に走ったり、喜んで大声をあげたりと賑やかです。

その中で赤ちゃんたちは寝ているか、抱っこされているかだったので、遊んでいるという感じはありません。赤ちゃんを遊ばせるためというよりは、日頃引きこもりがちのママが、人の多い所に出て気分転換するのに良いと思います。

支援センターに比べて会場もかなり広いため、周りの人の様子が殆ど気になりません。授乳コーナーやおむつ替えが出来る場所もありますから、乳幼児育児中のママも気軽に足を運びやすいのではないでしょうか。

まだ歩けない子供が行っても楽しめるの?


チラシの説明文にある遊具は『ファファ、ブロック、ボールプール、プラズマカー、おもしろ自転車』などと書かれています。

文章だけで『ファファ』と言われても伝わらないと思いますが、子ども向けイベント会場などでよく見かける、空気を入れて膨らませた巨大なキャラクターの中で、ポンポン飛んで遊ぶ遊具です。わんぱくひろばのファファ

会場には同じ様な素材で出来た『すべり台』もありました。会場30分後辺りに、小さいお友達限定の時間が設けられ、うちの子は父さんに抱かれて2回ほど滑って来ましたよ。

ちなみに3回まで滑ることが出来たのですが、娘がギャン泣き一歩手前の状態になったので、2回目でリタイヤしましたが(笑)

ママ友の輪が出来ていたらどうしよう?

会場に入ったら、すでに知り合い同士のママ友がグループでお喋りしてた・・・なんて想像したら怖いですよね。
野原広子ママ友がこわい
実際に行ってみるとママ2人位程度のグループ(?)がポツポツあるだけで、何人かまとまって立ち話みたいな姿を見る事はありませんでした。

この会場にいるのは未就学児の保護者なわけですから、オモチャでテンションの上がった子供を見ているだけでも忙しからでしょう。

逆に「ここでママ友を作ろう!」と思って来た場合、期待外れになるかもしれません。

ちなみに画像の漫画が面白くて、ほのぼのイラストなのにラストがホラー。思わず「こわっ!」と声に出た位です。あっという間に読んでしまいました。

中シューズや内履きって必要?

岩手県民らしく言うなら「中ズックって必要?」ですね。チラシには保護者の方もご持参下さいと書かれています。
持ち物に悩む女性
私は学校を卒業して以来、中シューズを持っていたことがありません。屋内のスポーツサークルにでも入っていない限り、持っていないと思うのは私だけでしょうか・・・

東日本大震災 いわて子ども支援センターのわんぱくひろば活動のようすを確認すると、やはり靴下履きの親御さんが多いようです。

活発なお子さんを走って追いかける必要が無ければ、このためだけに購入しなくても、靴下ばきで十分じゃないかなと思い持たずに参加しましたが、うちの子はボールプールから動かなかったので全く問題ありませんでした。

パパとママで行った方が良い?

ママだけで来ている方もいれば、パパとママと一緒に来ているご家庭もありました。周囲の方と交流する必要は無いので、ママと子どもだけで来ても居心地が悪いということは無いと思います。

ただ、小さいお子さんを抱いてフワフワのすべり台を利用する時は、夫婦で来た方が動画の撮影をしやすい点が良かったと思います。ママだけの場合でも、片手で子供を抱き、片手でセルフ撮影している方もいらっしゃいましたよ。

持って行った方が良い物は?

オムツは持ち帰りとなるため、ゴミ袋の用意が必要です。

陸前高田会場以外は、麦茶と紙コップが用意された無料のドリンクコーナーがあります。ただしぬるいです(笑)

子供の年齢にもよりますが、その場所から離れたくないと言うかもしませんし、今の時期は熱中症対策のため、マイボトルは用意した方が良いでしょう。

また子供が汗をかいてしまった時用に、着替えも持ってきた方がベストだと思います。

わんぱくひろばの様子

入り口から入ってすぐに、名前とどこの市町村から来たのかを記入します。アンケート用紙の説明をされますが、感想を書くものなので後で時間を見つけて書けば良いでしょう。

小さい子向けには、柔らかい素材のブロックコーナー、ボールプール、木製の手押し車、木琴や太鼓などが床に散らばっていました。
わんぱくひろばのボールプール
奥には先ほどのフワフワすべり台等の大型遊具があり、小さい子向けの遊具とは反対側に、大きい子向けのおもしろ自転車や、ゴーカートみたいな車を走らすコーナーがありました。

うちの娘が全く動かなかったので、そちら側は見に行けず、おもしろ自転車ってどんな感じだったんでしょうね。

次回の わんぱくひろば の会場は釜石です

わんぱくひろば2018春は、次回の釜石会場で最後となります。岩手県釜石市のマンホール

日時:2018年7月7日(土)
場所:中妻体育館(中妻町1-6-36)
対象:0歳~小学校入学前のお子さんと保護者
※必ず保護者同伴のこと
持ち物:体育館用シューズ

午前の部は10時半から12時まで、点検のため一度閉館して、午後は13時から14時半までの開催です。

中妻体育館の駐車場を使えないため、甲子川河川敷(五の橋たもと)を利用して下さいとのことですよ。

詳細は釜石市役所ホームページの未就学児のための「わんぱくひろば」開催をご覧くださいませ。

大船渡市で幼児連れOKな焼肉ランチ

意外と悩ましいのが、子ども連れでのランチですよね。今回はボーナス後といことで、ちょっと贅沢して焼肉ランチをすることにしました。

実は出産してから初めての焼肉でして、選んだお店は子供連れに評判の良い『やまなか家 大船渡店』です。サンドウィッチマンのCMで御馴染みですね!

テーブルと小上がり(こあがり)があり、私達は小上がりを選びました。小上がりは少し高さを設けた座敷のため、靴を脱ぐ必要があります。
子ども連れでやまなかや
畳の様なフラットな座敷ではなく、掘りごたつの様に足を下におろす形です。この様にテーブルに取りつけるタイプの椅子(?)を用意してもらいました。この他には豆イスもあったので、大人しく座っていられる子はそちらでも良いかもしれません。

そして子供用エプロンと、汚してもそのままでいて下さいねと書かれたカードも頂きました。娘は車の中で離乳食弁当を済ませてきたので使用しませんでしたが、こういう心配りがあると安心出来ますね。小上りには絵本棚もありますが、うちの娘は破きそうだったので没収となりました。
やまなかやの子供連れランチ
ランチメニューは『3種類から選べるお肉 + 好みのセット』というスタイルで、私達はご飯も冷麺も食べたかったので、選んだのは『よくばりセット』です。

冷麺は別辛、ご飯は大と中、それにハラミの単品を追加しました。すっかり忘れていたのですが、やまなか家のご飯は普通の感覚より大盛りのため、中でなくて小を頼むべきでした。全部食べましたけど苦しかったです(笑)
やまなかやの手作りプリン
まだ娘に外食で甘い物をあげたことはありませんが、食事途中で手が付けられなくなった時の保険用に手作りプリンも最初に注文しておきました。
やまなかやの焼肉
久しぶりの焼肉と冷麺は美味しかったです!焼肉最高\(^o^)/

ちなみに娘は汁に浸っていない部分のスイカと、ただの白米をあげて誤魔化すことに成功し、プリンをあげずに済んだのでした。

やまなか家 大船渡店
〒022-0006 岩手県大船渡市立根町堀之内26-1
電話: 0192-21-1318
詳細はやまなか家公式サイト

大船渡市で子ども連れOKなイタリアンランチ

大人用の椅子に座って大人しく食べられる位のお子さんであれば、お洒落なイタリアンランチも良いですね。

大船渡の『ポルコ・ロッソ/Porco Rosso』さんは、出産直前の週末に来店したお店です。その日は小学生位のお嬢さんとお父さんが2人で食事をしていたり、オーナーさんのお子さん(幼稚園位?)がカウンターで座って絵を描いていたのが印象的でした。
大船渡市ポルコロッソ
前菜の『アマタケの南部鶏の白レバーパテ』は、ワインと合わせたいと騒いだのを覚えています。妊婦は食事制限が多くて辛かったな~(;’∀’)
大船渡市ポルコロッソ
モッツァレラチーズをフランスパンで挟んで焼きあげ、たっぷりのオリーブオイルを染み込ませたナポリの名物『馬車に乗ったモッツァレラ』が美味しくて、ワインが飲めないことにここでも悶絶・・・
大船渡市ポルコロッソ
当分は外食出来ないからと、追加料金をがっつり上乗せして注文したウニのパスタは、むちゃくちゃ美味しかったですね。

娘が大きくなったら、一緒に行きたいお店です(*´ω`)

ポルコ・ロッソ (Porco Rosso)
〒022-0003 岩手県大船渡市盛町町10-1
電話: 0192-26-0801

大船渡市の子供連れにもオススメのパン屋さん

ランチというわけではありませんが、大船渡市で一番好きなパン屋さんは『Le・trefle(ル トレフル)』さんです。材料の質が高く、小ぶりな割にはちょっと価格が高めかもしれませんが、食べて納得のパン屋さんですよ。
大船渡市のルトレフルのパン
写真手前右が豆乳クリームパン、奥がコーヒーのミニミニ食パン?です。私がいつも買ってしまうのは手前左側のカルピスバターを挟んだパンでして、粉の風味とパンの味わい深さと、バターの塩っけが・・・もうたまりません。

バターが溶けやすいので、これだけはすぐに食べてしまいます。カロリーのことを考えダンナッシーと半分ずつ分けていますが、もう少し食べたいと思うぐらいがちょうど良いかもしれませんね。

小さい店内ですが、開店直後から次々とお客様がいらっしゃいます。ちくわロールは人気商品らしく、まとめ買いをされる方も多いので、欲しい方は早めにトレーに入れた方が良いですよ。開店は11:30とゆっくりですが、土日は15時頃に行っても殆ど残っていないことが多いためご注意下さい。

Le・trefle(ル トレフル)
〒022-0003 岩手県大船渡市盛町宇津野沢4-4
電話: 0192-26-3390

かもめテラスでイートインのパンランチ

がっつりした惣菜パンが好きなお子さんには『かもめテラス 三陸菓匠さいとう 総本店』がおすすめです。こちらにはパン工房があり、イートインコーナーでお子さんと頂くのも良いと思います。

かもめテラス 三陸菓匠さいとう 総本店
〒022-0002 岩手県大船渡市大船渡町字茶屋前38−1
電話: 0192-27-3135

沿岸ではここだけ!ドトールコーヒーショップ大船渡店

現在岩手県内のドトールショップは盛岡市内に7店舗、北上市に1店舗、そして沿岸は大船渡店が唯一の店舗です。

ドトールと言えば、その場で作るミラノサンドが美味しいですよね。私達はテイクアウトして車で食べことが多いですが、他の店舗では考えられない程、広々としたイートインコーナーで食べるのもおすすめです。

ドトールコーヒーショップ 大船渡店
岩手県大船渡市大船渡町字野々田10-3
キャッセンモール&パティオC棟
電話: 0192-47-5858
※現在のミラノサンドはドトールメニューをご確認下さい

わんぱくひろばと大船渡ランチ

子供と一緒に楽しめるイベント「わんぱくひろば」の体験レポと、子ども連れで行けるランチスポットをご紹介致しました。わんぱくひろばは、次に秋と冬に開催されるそうなので、また利用したいと思います。

▲目次にもどる

スポンサーリンク
でるはら(レクタングル336×280)
でるはら(レクタングル336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする