地方在住で赤ちゃんモデルへ応募する前に知っておくべき話

我が子の可愛さを見ていると「もしかして赤ちゃんモデルになれるかも」と思ったことはありませんか。ネットで調べるとタレント事務所に騙されたと、詐欺にあったかの様な口コミを目にすることもあるでしょう。

ましてや地方に住んでいると身近に赤ちゃんモデルに関わっている人なんて皆無です。こちらの記事では、ベビーモデルに興味はあるけれど、実際はどうなの?と不安になっている地方在住のママ、もしくはその家族に向けて、注意点などをまとめてご紹介しています。

スポンサーリンク
でるはら(レクタングル336×280)

▼目次

  1. 赤ちゃんモデルに向いているのはどんな子?
  2. 赤ちゃんモデルになる方法
  3. 地方在住のままベビーモデルを楽しむ方法
  4. 地方から赤ちゃんモデルを目指す際の注意点まとめ

赤ちゃんモデルに向いているのはどんな子?

ベビーモデル
雑誌やオムツのパッケージ等、赤ちゃんモデルを目にする機会は多いですよね。もしかしたら「うちの子の方が可愛いのに~」と思うこともあるでしょう。

ですが大人のモデルには無い、赤ちゃんモデルだからこそ求められる条件があります。赤ちゃんモデルや、ベビータレントに向いている子とはどのような子だと思いますか?

先日放映された『さまーず神疑問』でも赤ちゃんモデルについて紹介されていましたが、やはりただ可愛いだけでは採用されないことが紹介されていました。赤ちゃんモデルに向いている条件について、こちらでは3つご紹介致します。

赤ちゃんモデルやタレントにとって可愛さよりも必要なもの

顔の造作が整っていたり、可愛い方がもちろん良いのですが、赤ちゃんモデルにとって可愛いよりも大事な要素があります。それは何かと言うと「誰とでも」「どこでも」普段の状態でいられることです。

どんなに可愛い顔をしていても、泣き顔しか撮影出来なければ意味がありません。ママから離れた途端に笑顔がなくなってしまうのも同様です。
泣いている赤ちゃん
また撮影場所はスタジオ等、日頃の環境とは違い、知らない大人が大勢いますし、ママですら緊張している状態になるでしょう。敏感な赤ちゃんであればお母さんの不安な気持ちをキャッチしますし、赤ちゃんの機嫌で仕事が進まない大人たちのイライラも感じ取るかもしれません。

誰に抱かれても泣かない子どんな場所でもマイペースでいられる子、それがベビーモデルとして最も大事な要素だと言われているそうです。嫌な言い方ですが「扱いやすい子」が何より求められているのでしょう。赤ちゃんと言えども仕事ですからシビアなのは仕方ないですよね。

タイミングの強さも重要な要素

赤ちゃんモデルに登録している人の数は大変多いそうですが、その仕事数は非常に少なく、モデル業界全体でみても0~2歳児は氷河期と呼ばれているそうです。また赤ちゃんを育てているママなら分かると思うのですが、その年齢は成長のスピードが速いですよね。特に0歳時に至っては体重や体型はあっという間に変わってしまいます。
うつぶせになる赤ちゃん
赤ちゃんの場合サイズ感や肉付きなどの質感が重視されます。腕がふっくらしているとか、ムチムチしているなど、非常に感覚的なところで判断されるようです。例え書類審査に通っても、オーディションを受けるまでにハイハイが始まるなど、活動量が増えればシュッとした印象に変わってしまう怖さがあるのです。

そのため赤ちゃんモデルは、数人を撮影するのが当たり前で、その中から一番ベストな状態で撮れた子が採用されます。どんなタイミングで募集があるか分かりませんし、こればかりは親と赤ちゃんの運の強さにかかっているとしか言えません。

尚、採用された子とされなかった子では、報酬の額が変わるため、モデルにもなれず、まる一日拘束されたあげくに、交通費の分だけ赤字になる場合も珍しくないそうです。

地方よりも都市部に住んでいる方がベスト

ベビーモデルの仕事の中には、募集要項に「渋谷まで40分以内で来られる方」等、限定された条件のものもあります。ここまで極端でないにせよ、成長が早い赤ちゃんをモデルにする場合、なるべくすぐに来て貰える方が企業としても有難いですよね。
地方の田んぼ
またオーディションを通ったとしても、翌日に撮影ですといきなり連絡が来ることもあるそうで、前日に宿泊しなければ集合時間に間に合わないと言ったことも起ります。

0歳児は荷物も多いですし、赤ちゃんを連れて長距離を移動し、更にホテルに泊まるなんて考えただけでも大変ですよね。交通費は出ても宿泊費は出ませんから、地方に住んでいると金銭的な面だけでも、赤ちゃんモデルを続けることは負担になってしまうでしょう。

その他にも赤ちゃんを長距離移動させ、撮影などで連れまわすことを、他の家族から理解して貰うのは難しいかもしれません。

この時点で「無理・・・」と思った方は地方在住のままベビーモデルを楽しむ方法をご覧ください。

赤ちゃんモデルになる方法

ベビーモデルになるには、大きく分けて2つの方法があります。

● 一般公募に応募する
● 事務所に所属する

一般公募であれば基本的にお金はかかりません。多くの人にチャンスがあるわけですから、かなりの狭き門となります。

タレント事務所に所属すれば入会金や年会費などが発生する場合もありますが、一般に募集をかけていない案件が、事務所を通して入ってくるというメリットがあります。



↑こちらの老舗のタレント事務所には、子役で有名な鈴木 福君が所属しています。

事務所に所属する前に知っておくべきこと

そもそも0~2歳児モデルの仕事自体が少ないため、事務所に所属していてもお仕事を頂ける確率は少なく、一度も仕事が貰えないまま、ベビーの時期を過ぎてしまう方が大半だとも言われています。
子供タレント募集
もちろんその後はキッズモデルや子役タレントという道は残っていますが、その頃には外見や能力、何より本人のやる気が大きく影響するため、赤ちゃんモデルとはまた違う難しさがありますね。

赤ちゃんモデルを目指していない親が応募する理由

赤ちゃんモデルにする気がなくても、モデルやタレント事務所に応募しているママが意外と多いことが分かりました。どうやら審査に合格した証明書を記念として残すために応募しているのだそうです。

一次審査は書類選考ですから交通費もかかりませんし、この時点では多くの赤ちゃんが合格するそうです。事実は不明ですが一次審査は全員合格するとママ達の間では噂されています。

確かに企業からのどんなオフォーにも対応出来る様、事務所はなるべく沢山のベビーに登録してもらいたいですよね。交通費をかけてまで二次試験にやってくるかどうかで、本気度を確かめたいという部分もあるのではないでしょうか。

ちなみに記念受験のママ達は最初から二次試験に行くつもりは無いそうで、一時試験の合格証明書をSNSにあげて満足されるそうですよ。若いママ達はしっかりしてますねえ(笑)
なりきりたまひよ表紙モデル
ちなみに、たまひよのなりきり表紙モデルになれる企画もあるそうです。SNS用にデータを用意されている辺り、さすがベネッセ!

事務所所属でかかるお金について

入学金や登録料、年会費、月謝などタレント事務所によって、必要な経費は変わって来ます。レッスン料は習い事代わり、会費は非公開オーディションの情報料だと考えれば、どこまで費用をかけられるかは各家庭によって違います。

ただ確実に言えることは「赤ちゃんモデルで稼ぐ」のは無理だと言うことです。赤ちゃんモデルのギャラは数万円で、CMでやっと10万円位が相場と言われています。もし地方に住んでいるのであれば、往復の新幹線代で飛んでしまう金額ですよね。
子供タレントで稼ぐ
何度も繰り返しますが、赤ちゃんモデルの仕事自体が少ないのですから、仕事が受けられないままベビー卒業となる可能性が高いのです。赤ちゃんモデルを続けるには、親の惜しみない財力と、赤ちゃんの体力が必須と言われているのが納得出来ますね。

地方在住のままベビーモデルを楽しむ方法

ここまでいかに赤ちゃんモデルになることが大変か、まして地方に住んでいる人がそれを行うかが大変かを並べて来ました。ですが、そもそも何故あなたは赤ちゃんモデルに興味を持ったのでしょうか。

「うちの子って可愛い♡」
「赤ちゃんの瞬間を残しておきたい!」

そんな気持ちをきっかけに、思いついたのではないでしょうか?もしそうであれば、もっと手軽で確実に、あなたの住む地域でもモデルになることが出来る方法があることをご存じでしょうか。

それは『キッズ時計』と言って、子供が1分ごとに時刻を知らせてくれる、可愛らしいウェブコンテンツのモデルです。掲載期間は1ヶ月と短いですが1時間に60名、24時間なら1440名が採用される計算となります。



キッズ時計と有名メーカーが常にコラボ企画を行っています。過去にどの様な企画があったかは、3月に書いた記事「赤ちゃん雑誌にモデル掲載されるチャンスあり 田舎に住んでていても大丈夫! 」をご参照ください。現在はVOGUE Italiaの掲載や、アフラック、高島屋とのコラボ企画の募集が行われています。

企画によってベビー限定のものもあれば、15歳までのキッズまで対象など幅広く募集がされています。当然ですが殆どのベビーやキッズにチャンスがある言っても良いでしょう。

プロカメラマンによる撮影会が全国各地で開催されているので、首都圏まで行くための交通費よりも少なくて済みます。私が現在住んでいるのは岩手県ですが、県内に2カ所の撮影場所があるそうです。

モデルとしてのギャラは発生しませんが、プロが撮影した画像は無料でダウンロード出来ます。公開されなかった写真も、希望すれば購入可能です。スタジオ●リスよりもお安く手に入れられるのも魅力ですね(笑)



こちらの撮影は日時があらかじめ決まっていますから、パパと一緒に家族旅行も兼ねてゆったりとしたスケジュールで撮影に臨むことが出来ます。モデル事務所の一次合格通知をSNSにアップするより、きっと楽しい思い出になるのではないでしょうか。

地方から赤ちゃんモデルを目指す際の注意点まとめ

これまでご紹介した内容についてまとめましたので、本当に赤ちゃんモデルとして活動する覚悟があるか再確認してみましょう。

・居住地が指定される案件もあるため地方在住は不利
・長時間の移動は赤ちゃんの負担になる
・活動には家族の理解が必要
・お金をかけても仕事が貰えるとは限らない
・急な撮影日時に対応しなければならないこともある
・ギャラは安いため赤字になることは覚悟する
・レッスンを受ける度に交通費がかかる

まさに”覚悟”という言葉がピッタリですが、逆に言えばそれが出来る人だけが残る世界でもあります。旦那さんとも話し合って、お互い納得の回答を見つけて下さいね。

▲目次にもどる

スポンサーリンク
でるはら(レクタングル336×280)
でるはら(レクタングル336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする