最近は大家族番組が好きな私・・・今朝のあさチャンで大家族の特集がありました(*´ω`)

朝は朝食の支度や洗い物をしながら、情報番組のザッピングをします。

NHKのおはよう日本、ZIP、あさチャン、グッド!モーニング、めざましテレビ・・・

そんな中、今朝のあさチャンで東京に住む10人家族が紹介されていました。

前回の放送もたまたま見ていたので、あの時の家族か~と手が止まったんです。

何と言っても5男3女という大家族で(しかも一番下は双子!)なだけでも大変です。

そして他の大家族との大きな違い、それは「お父さんが失業中」という事実ではないでしょうか。

スポンサーリンク
でるはら(レクタングル336×280)

子供が生まれてから大家族番組の見る目が変わりました

もっと有名な大家族のご家庭もありますが、これまで興味が無かったのでほとんど知りませんでした。

けれど最近は大家族の番組があると知れば、嬉々としてチャンネルを合わせています。

(さすがに録画までして見てはいませんけどね)

なぜ変わったのか?それは自分に子供が生まれたことがキッカケとなりました。
ぐっすり眠る新生児(ぱくたそ)
まだ生後4ヶ月ですけど、これまでの生活が一変したからです。

今回の一変したというのは、感情や情緒面の話ではなく、実務レベルの方でして・・・

一人暮らしの頃は自分が気を付けることで、汚れが溜まりにくい、散らかしにくい生活を維持出来ました。

二人暮らしになると、そのぶん汚れも増えますが、他人にルールを強制するのも限度があるなと感じていたんです。

そこに赤ちゃんが加わったらもう、いや~、てんやわんや\(^O^)/

お世話で時間がかかるだけでなく、やっぱり物も増えますしね。

たった一人の子供ですらこの状態なのに、大家族になったらどうなるの?

大家族のお母さんってすごいな~!と興味深々でつい見てしまうのでした。
水通しした衣類
この画像は水通しの時のものなので、通常はここまで多くはありません。

でも大家族の洗濯物ってこんな感じなんでしょうね(^^;

お父さん失業中の家計はどんな状況かと言うと

今回番組で紹介されていたのは、松崎さんご一家。

お父さんは41歳、お母さんは34歳と、私からすれば比較的若い世代の夫婦です。

一番上のお姉ちゃんが確か中学生ぐらいだったと思うので、結婚が早かったんでしょうね。

お母さんのパート代が月10万円、ご主人が就職活動しながら警備のアルバイトで稼いだ5万円が現在の収入です。

合計収入は15万円で、通常は最も大きな出費である住居費は、0円移住を利用して家賃8,000円しかかかっていません。
生協の野菜BOX
けれど何より食費が人数分かかりますよね、1回の買い出しが2万円で「1週間持てば良いぐらい」とのこと。

ということは月にすると、2万円×4~5週=8万~10万円ですよね。

光熱費は月3万円だったので、この時点でもうほとんど手取り収入が消えちゃう。

ちなみに水道代は地方に行けば行くほど大抵は高くなります。

人口が密集していないと設備の効率悪いからでしょうね(;´∀`)

家賃と食費、光熱費以外にもお金はかかりますから、赤字の分は児童手当でカバーしている状況だそうです。

お金が無いと夫婦間がギスギスしちゃいますよね

8人もいる子育てだけでも大変なのに、奥さんもしっかり働いています。

東京の最低賃金は高いと言えども、月10万円の手取りなら勤務時間はそれなりに長そうです。

もちろんダンナさんだって仕事を探していないわけじゃない、ただ決まらないだけで(汗)

面接に行った際に「うちの給料じゃやっていけないんじゃない?」と言われてしまうそうです。

雇用する側としては、もっと給料の良い所に転職しますと言われるリスクを警戒してしまうのかも。

会社側に余裕の無い時代ですからね、向こうとしても採用に躊躇してしまいますよね。
限界を感じる女性(ぱくたそ)
奥さんとしても本人が悪いわけじゃないと分かっていても、時間に追われて、家事に追われて、お金の心配しながら子育てをしたら、そりゃ気持ちもギスギスしてしまうのは当然だと思います。

それでもジモティを使って不要な子供服と、食料品を交換したりと明るく知恵を働かせていました。

最後にはダンナさんの就職先が決まったと連絡が来て一安心。

10分程度の短い特集でしたが、やっぱり大家族ものは面白い!と思った朝でした。

自分も頑張ろう!って思えるんですよね。

スポンサーリンク
でるはら(レクタングル336×280)
でるはら(レクタングル336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする