里帰り出産をしない妊婦さんは生協の個人宅配に加入しておくといいよという話

高齢主産をするということは、必然的に自分の親も高齢になりますよね。

妊娠を知っている年上の知人や、美容室に行ったときなど「里帰りはいつ?」等と質問されることが多かったです。

その度に「いえ、里帰りはしません。親が高齢なので。」と答えていました。

いくら孫が可愛いとは言え、やはり生活リズムが崩れるのは、特にあまり活動的ではない私の母親には負担がかかると思ったからです。

里帰り出産をしないことを伝えた際「生協に入ってた方がいいよ!」と何人かの経産婦さんにアドバイスされました。

確かに食材の買い出しは、里帰りをしない場合の重要な課題です。

実際加入して感じたことをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
でるはら(レクタングル336×280)

▼目次

  1. ダンナに頼める物と頼みづらい物がある
  2. ネットスーパーでなく生協に決めた理由
  3. 生協へ早めに加入して良かったと思う理由
  4. 買ってイマイチだった商品と今も利用している商品
  5. 最後に私からひと言

ダンナに頼める物と頼みづらい物がある

我が家の場合、夫であるダンナッシーは「仕事帰りに買い物するよ!」と言ってくれました。

確かに「牛乳やお味噌、納豆は中粒でお願いね~」ぐらいは大丈夫です。

問題は野菜や肉などの生鮮食品でした。

例えばキャベツを買うつもりでスーパーへ行ったら、その日はやたらと高かった・・・なんてことありますよね。

それなら「白菜が安いからこっちを買おう、ならお肉は豚肉に変更しようかな?」と自分なら臨機応変に変更できます。

残念ながら我が家のダンナッシーには、こういった機能は搭載されておらず、どんなに高価でも頼まれた通りキャベツを買ってくるのです。
お願いする女とお願いされる男
例えば妊娠中に「豚コマ買ってきて」とお願いしたところ、ブランド豚を買ってきた時はあまりの単価の違いに脱力してしまいましたorz

そこでネットでチラシをチェックして、LINEで指示を出す方法も試してみました。

ですが手間がかかる割に、仕事帰りの時間帯ではすでに売り切れている場合があります。

それに加えて新生児がいる生活でそんな余裕はなさそうです(実際ありませんでした)。

そこで食材の宅配を検討することに決めました。

ネットスーパーでなく生協に決めた理由

かなりの田舎ですが、ネットで注文出来るスーパーが1軒だけあります。

ですが思ったより送料が割高だったのに加え、そこの店頭に売られている野菜の品質に当たりはずれがあるため、あまり気が進みません。

実は生協の宅配も近所のスーパーより、野菜や肉はちょっと割高な商品が多いです(^_^;)

ただ納入業者さんからすると「生協が一番基準が厳しいんだよ」と聞いたことがあるので、ある程度どの商品も安心して買うことが出来るのが魅力です。

安心食材の宅配と言えば、オーガニック食材の通販もオシャレで良いですよね。

でも我が家の日常使いにするにはちょっとお値段が・・・
生協の野菜BOX
ちなみに私が冬に購入した生協の産直野菜BOXは税込1026円です。

スーパーの特売よりは高いけど、有機野菜の通販よりはお安い、そんな価格設定ですよね。

ほどよい価格での安全・安心基準、これらの理由が生協の宅配を選んだ理由です。

生協へ早めに加入して良かったと思う理由

私は妊娠7ヶ月の時に加入しましたが、なかなか良いタイミングだったと思います。

妊娠初期でも中期でもいいんですが、予定日直前に加入しない方が良いと思います。

何故かと言うと申し込んですぐに開始するわけではないからです。

加入に関しての説明と手続きがあり、注文書とカタログの回収、その翌週に初めての配達とタイムラグがあります。
悩む女性(ぱくたそ)
それから大量にカタログチラシが入ってくるので、最初は一通り目を通していたんです。

慣れていない頃はけっこう大変だったのですが、何週か見るとパターンがあると分かってくるんですね。

次第にどのカタログに目を通せば良いか、逆に目を通さなくても良いか自分なりのルールが出来てきます。

いざ出産して新生児との生活が始まると、とてもゆっくり見ていられません。

この慣らし期間のお陰で、今は効率よくカタログをチェックすることが出来ていますよ。

買ってイマイチだった商品と今も利用している商品

自分が入院中に夫の食事に良さそうだなあと思った、冷凍弁当。
生協の冷凍弁当
ご飯もおかずも全て入った状態で、冷凍庫から出してすぐ電子レンジにかけるだけで食べられます。
生協の冷凍弁当
便利で味も良かったのですが、欠点は量が少ないこと。

ご高齢の方には良さそうですが、うちのダンナッシーにはボリューム不足でした・・・

2種類ぐらい試しましたが、結局その後は注文していません。

逆に今も好んで注文しているのが、冷凍の切り身魚です。
生協の冷凍魚
特にお気に入りが「骨取り」魚で、私はアジと鯖をよく買っています。

これが冷凍庫に入っていると、冷蔵庫にあるもので献立を立てやすく重宝しています。

中には値段の割にイマイチだなあという切り身もありました。

妊娠期間中にいろいろ試してみたおかげで、今は使いやすくてお値段も手ごろな商品をリピート購入しています。

最後に私からひと言

妊娠期間中は体が思うように動かなかったり、すぐ疲れたりとつい面倒なことは後回しにしがちです。

・・・が、いざ赤ちゃんが家にやってくると、想像以上に何も手がつけられませんでした。笑。

自分の意思だけで動ける妊娠期間中に生協に加入していて良かったですよ!

▲目次にもどる