子供との夏休みレジャーにおすすめ 岩手県八幡平市は小雨でも楽しめました!

岩手県八幡平市のサラダファームのアルパカ お出かけ

皆さんは7月の海の日の連休や、夏休みの予定は決まりましたか?

赤ちゃんやまだ小さいお子さんを連れて、車で旅行にでも行ってみようかな~とお考えの方に、岩手県八幡平市のおすすめ観光スポットをご紹介致します(^◇^)

私達が行ったのは今年のゴールデンウィークでしたが、なんと当日は大雨!高速道路で向かっている時間帯は、春の嵐という言葉がぴったりの荒れっぷりでした。

最終的には曇り空まで落ち着いのたですが、雨降りでも楽しめましたよ~という体験談をこちらではお伝えしています。

スポンサーリンク

岩手県八幡平市ってどこにあるの?

八幡平市は岩手県の中でも北の方に位置しています。ちょうど秋田県と青森県との境にあり、まさに北東北の中心と言える場所です。

※イメージ画像です

岩手県は非常に面積が広いため、新幹線や高速道路で移動したことがある方であれば、いつまでたっても岩手県から抜け出せない印象があるかもしれませんね。

沿岸南部に住んでいる私達家族にとっては、とても気軽に行ける距離ではないため、同じ県内でありながら訪れる機会はありませんでした。

ふうせつかはお豆腐を使ったスイーツも楽しめます

最初の目的地はざる豆腐と生湯葉が有名な『ふうせつか』の店舗です。

私にとってふうせつかのお豆腐と言えば、ちょっとお洒落な雰囲気の飲み屋さんで、小皿にほんの少し盛られた状態で頂いたことしかありません。

子供が産まれてしまうと、そういったお店に行く機会は当分ありませんし、せっかく八幡平に行くのであれば立ち寄ってみたいお店のひとつでした。

車でふうせつかに行く時の注意点

ふうせつかまで東北自動車道を使って盛岡方面から行った場合、出口は松尾八幡平ICか安代ICとなります。私達は安代ICを利用したところ、ここで残念な失敗をしてしまったのです。

盛岡方面から向かった場合、安代ICの手前で東北自動車道と八戸自動車道に分れます。安代ICは左方面に進むのですが、分かれて割とすぐに出口がありました。

その時はちょうど激しい土砂降りで、後部座席にいた私はかろうじて気が付いたのですが、運転していたダンナッシーは見落としてそのまま直進してしまったのです。

しかも次の鹿角八幡平ICまで遠いのなんの・・・もし皆さんが安代ICからふうせつかに向かう際は、出口を見逃さない様に注意して下さいね。

ほぼ全員が購入!ふうせつかのソフトクリーム

そして雨が降る中、到着したふうせつかの店舗で頂いたソフトクリームがこちらです。
岩手県八幡平市ふうせつか
ふうせつかのソフトクリーム300円と、生キャラメルサンデー350円、他には揚げたての湯波クリーミィコロッケ150円を頂きました。

私達は店内にある4席ほどのスペースで頂きましたが、車で来店された方は車内で食べていた様です。そう広くはない店内でしたが、雨降りにも関わらずお客様で非常に混雑していて、殆どのお客様がソフトクリームを手にしていた印象です。

娘にはおぼろ豆腐をあげました。お豆の味が濃くて美味しいんですよね。

最初から甘い物ばかり買うのもねぇと我慢しましたが、後からやっぱり豆乳ドーナツを買えば良かったと後悔したことも付け加えておきます・・・苦笑。

ふうせつ花 本店
〒028-7544 岩手県八幡平市保戸坂236
TEL:0195-72-8008
10:00-18:00
※12月~2月 10:00-17:30
年中無休
駐車場無料

八幡平市のサラダファームは小さい子ども連れでも楽しめます

次に向かったのはサラダファームです。以前からアルパカがいるとは知っていたので、とても楽しみにしていました。

サラダファームはいくつかのエリアに分かれていて、盛岡方面から向かった場合、手前にお土産やスイーツの『たまご館』『ラビットパーク』、ハーブや多肉植物が買える『ガーデンマルシェ』、期間限定ですが苺摘み(苺狩りって言わないんですね~)が楽しめる『いちごの森』や無料のドッグラン『八幡平ワンわんドッグパーク』があります。

道路を挟んだ向こう側には『レストラン花の森』があり、アルパカやうさぎ達と触れ合える『もふもふランド』は有料の『八幡平フラワーランド』の敷地内にありました。

ラビットパークだけなら無料で見る事が出来ますし、たまご館にはアルパカ等の可愛い動物グッズがありますし、甘い物もあるので、かなりテンションが上がります!

苺摘みが出来る期間は終わってしまいましたが、シーズン中はベビーカーでも楽しめるそうですよ。

サラダファームの入園料について

基本的に無料で楽しめますが、フラワーランドのみ入園料が必要です。というより、もふもふランドに入るための入園料と言っても過言ではありません。

大人500円で、中学生以下の子供は無料です。「そこだけ有料?どうしようかな~?」と思うかもしれませんが、アルパカを間近で見て、触って、写真を撮って貰えますし、絶対お金を出す価値はありますよ!アルパカが想像以上に大きくて驚かれると思います。

私達が行った5月の連休時は、フラワーランドなのに花はまだ植えたばかりの物が多く、まばらに咲いた残念な状態でしたが、夏休みの頃にはきっと綺麗な庭園になっていると思います。羨ましい(*´ω`)

季節ごとに咲くお花の目安はサラダファーム公式サイトの花ごよみをご確認くださいね。

沢山のウサギがお出迎え!ラビットパーク

駐車場から歩いて一番最初に目にした動物はウサギ達です。
岩手県八幡平市のサラダファーム
別途購入する必要はありますが、ウサギ達に餌をあげることが出来ます。モテモテ確実です(笑)

お次は白い山羊さん。一番ベーシックなイメージの山羊ですね。
岩手県八幡平市のサラダファーム
画像はありませんが、山羊の近くにはポニーもいました。あれ、ロバだったかも?

こちらも山羊でしょうか。両側から草をモグモグしている様子が面白かったです。
岩手県八幡平市のサラダファームの山羊
ここまでの動物は、全て無料で見ることが出来ます。駐車場から出て最初に動物たちがお出迎えしてくれるので、この時点でだいぶテンションが上がりますよ。

たまご館は美味しそうなお土産がいっぱい

たまご館はその名の通り、店内中央にどどーんと、味付き卵と温泉卵が山の様に積んでありました。私達は味付き卵を購入して、その後は一度『ガーデンマルシェ』へ行ったのですが、戻ってきた頃には山の様にあった卵のパックがほとんどスッカラカン・・・危ない所でした。

おそらくゴールデンウィークだったので、商品を並べるペースがお客様の人数に追いついていなかったんでしょうね。夏休みやお盆期間中に行かれる場合は、これだけでも先に購入しておいた方が良いかもしれません。

こちらではスイーツ等も売られており、私達はいわてS-1グランプリで人気ナンバーワンになったと言う『いちごの森のシュークリーム』を頂きました。
岩手県八幡平市のサラダファームのシュークリーム
あじたま味のソフトクリームも気になりましたが、ふうせつかで食べましたからね。また次の機会に挑戦したいと思います。

赤ちゃんや幼児連れでランチはどうする?

ここまで甘い物ばかりを食べてきた私達ですが、そろそろお昼ご飯の時間になりました。娘にはベビーフードのお弁当を車であげましたが、さて、大人はどうしましょうか・・・

たまご館にはイートインスペースがありますが、それほど広くはないうえ、ほぼ満席で混雑していました。冷蔵ケースにテイクアウトのデリフードも多少ありましたが、すぐに売り切れてしまったんです。

フラワーランド側にある『レストラン花の森』へ行ってみましたが、入店待ちをしているお客様が多く、もし並んで入ったとしても、私達の食事が終わるまで1歳児が大人しくしてくれるとは限りません。

結局私達はサラダファームで昼食を取ることを諦め、違う場所で食べることにしたのでした。ランチの時間帯をずらすとか、すぐにデリカを買っておく、または食事は別の所で済ませておくなど対応が必要だったと思います。

念願のアルパカ『もふもふ』を体験しました

そして最後に訪れたのは、アルパカのいる『もふもふランド』です。スタッフさんがアルパカを散歩する時間に合わせて入園しました。
岩手県八幡平市のサラダファームのアルパカ
茶色いアルパカもトイプードルみたいで可愛いですが、やはりアルパカと言えば白ですよね。
岩手県八幡平市のサラダファームのアルパカ
想像してた以上にアルパカが大きくて、触ってみると毛がしっかりしていて、本当に着ぐるみみたいだなと感じました。親子3人でアルパカと一緒に記念撮影をし、とても良い思い出になりましたよ(*´ω`)

アルパカのお散歩タイム(定休:水曜日)
11:00~11:30頃/13:30~14:00頃

土日祝日ならウサギさんとも触れ合えます

アルパカの次はウサギ達とのふれあいタイムです。

こちらはアルパカさんと違って土日祝日のみの開催です。時間帯は11:00~と13:00~の2回ですね。
岩手県八幡平市のサラダファームのウサギ
こちらでは素手ではなく厚手のゴム手袋を使ってくださいと指示がありました。実際にはみんな活発過ぎて、私はほとんど触れ合わずに眺めていただけですが、子供達は元気にウサギ達の後を追いかけていましたよ。
岩手県八幡平市のサラダファームのウサギ
子ウサギが何匹かいて、こちらは顔を覗かせた赤ちゃんウサギです。耳が見えないのでモルモットみたいですね。

大人買いしたくなる多肉植物が沢山!

食べ物だけではなく、サラダファームの密かな人気のお土産は多肉植物です。

多肉植物好きにはたまらないほど、様々な種類やサイズが揃っており、価格も手ごろなため、まとめ買いをしてしまう女性も多いそうですよ。
岩手県八幡平市のサラダファームの多肉植物
色々迷いましたが確実に置けるスペースを考え、小さいものを1つだけ購入し、セリアで買ったミニバケツと合わせてお手洗いに飾っています。(←トイレかい)

岩手八幡平「食と癒しの空間」サラダファーム
〒028-7113 岩手県八幡平市平笠2-6-333
電話:0195-75-2500
サラダファーム公式サイト

車で八幡平へ行くならおすすめの場所


やはり八幡平と言えば、アスピーテラインが有名ではないでしょうか。私達が訪れたのはゴールデンウィークだったので、雪の回廊が見られるはずでした。

ところがこの日は午前中が大雨でしたから山頂は相当に荒れたらしく、なんと通行止めに・・・orz

本来であれば上記の様な景色が見られたはずなのに残念です。

外国人観光客にも人気のドラゴンズアイ

山頂にはレストハウスがあり、そちらの駐車場は有料で、300メートルほど離れた第二駐車場は無料で用意されています。その時の天候や気温、お子さんの機嫌(←ここ重要)によって使い分けると良いでしょう。

6月位まで、鏡沼ではドラゴンズアイと呼ばれる現象が見られるようです。


私は独身時代の秋頃に立ち寄ったことがあります。雪がなくても高い所から眺める池は十分に綺麗ですし、池の方へ登らなくても駐車場で十分に山頂からの景色が楽しめます。

夏のドライブでも行く価値ありの場所だと思うので、天候さえ良ければ、ぜひ立ち寄ってみて欲しい観光スポットです。

西根のほうれん草カレーは辛いので注意!

お昼ご飯を食べ損ねた私達は『道の駅にしね』で食事をすることにしました。ランチ時間を過ぎていましたが、少し順番待ちをする程度には混み合っていました。

私が注文したのは『ほうれん草カレー』です。今回は頂きませんでしたが、『道の駅にしね』では『ほうれん草ソフトクリーム』も有名ですよ。

ふうせつかでは豆腐のソフトクリーム、サラダファームは味玉ソフトクリーム、そしてこちらでは法連草ソフトクリームとそれぞれ個性があります。どのソフトクリームを食べたいのか、家族とシェアするなど配分を考えておくと良いかもしれません。
岩手県八幡平市道の駅にしねのほうれん草カレー
味はインドのほうれん草カレーというよりも、タイのグリーンカレーの様な味でした。当然、辛いです。辛い物が苦手なダンナッシーは食べられないレベルのカレーですね。

こちらの産直は人気があるようで、お昼を過ぎた時間帯では、野菜関係の棚はほぼ空っぽでした。購入を考えている方は早めの時間に立ち寄ることをオススメします。

道の駅にしね
〒028-7111 岩手県八幡平市大更第2地割154-36
電話: 0195-75-0070

最後にわたしの反省ポイント

小さい子供連れのレジャーは何かと悩ましいですが、それほどお金をかけずに楽しむことが出来ました。次回に向けて活かすべく、反省ポイントをまとめておきます。

● アルパカのふれあい時間を中心に予定をたてる
● サラダファームはスイーツとお土産を目的にした方がベスト
● 多肉植物をどこに置けるか事前に考えておく
● 道の駅にしねで野菜を買いたいなら早い時間に立ち寄っておく
● ふうせつかで豆腐を買うなら時間帯を後半にする
● ソフトクリームはどこで食べるか配分を考えておく
● 天気が良いときは八幡平山頂に立ち寄るべき!

あなたの夏休みレジャーの参考になれば幸いです。良い夏の思い出になりますように(*´ω`)

コメント