液体ミルクの便利さは引きこもり育児を救うのかもしれない

うつぶせになる赤ちゃん 家族(父・母・子)

昨日のNHKニュースを見ていて、気になったトピックがありました。

「液体ミルクの国内製造についての基準案が決定」

どんなものか気になったので調べてみました。

すると色々なシーンで活躍しそうな、とても便利な製品だということが分かりました!

どうやらこれらが実用化されると、引きこもりの育児ママもだいぶ楽になりそうですよ(・∀・)

スポンサーリンク

液体ミルクって何?粉ミルクとの違いとは

そもそも液体ミルクって何でしょうか?

日本では赤ちゃん用のミルクと言えば粉ミルクのことですよね。

粉ミルクをお湯や湯冷ましで溶かしてから、やっと赤ちゃんに与えることが出来ます。

ところが液体ミルクはその名の通り、すでに液体となっているミルクなんですって。

粉やお湯をはかって入れる必要もなく、そのままあげることが出来るなんて便利そう!

実は液体ミルクは、海外で粉ミルクと同じ様に普通に売られている商品でした。

里田まいさんのブログでも便利なグッズとして紹介されています。

↓意外にも楽天で発見。アメリカ直営店での販売だから?

乳児用 液体ミルク 59ml×24本 乳首つき 0-12ヶ月の赤ちゃんに 鉄分強化型非遺伝子組換えだから安心乳児用液体ミルク水もお湯も必要なく、未開封なら長期保存も可能常温長期保存可能で安心混ぜずにそのままDHA、ビタミン配合で栄養バランスも◎

乳首がセットになっている哺乳瓶タイプと、ボトルから哺乳瓶に移すタイプがあるそうです。

移し替えるタイプはもちろん一度で飲み切ることは出来ません。

開封した液体ミルクでも冷蔵庫に保存すれば、例えば48時間以内まで利用できるといった製品があるようです。

未開封であれば常温保存でOK!というのも驚きました。

開封直後は常温でそのまま与え、開封後に冷蔵庫に入れたものはあげる際に少し温めてあげるようです。

とても便利な商品だということが分かりますよね。

さてこの液体ミルク、どんな人が、どんな時に特に活躍すると思いますか?

いくつかまとめてみましたよ\(^o^)/

液体ミルクは母乳が安定しない新生児時期に便利!

完母を目指す場合でも、最初から母乳が安定するとは限りませんよね。

最終的に完母になった方でも、出産直後はミルクのお世話になった方も多いのでは?

特に初めての子どもであれば育児は何もかもが初めてで、分からないことだらけで大変です。

特に待ったなしで泣かれる新生児の時期はかなりストレスがかかります。

特に夜中のミルク作りは泣きたくなったママも多いのでは?

すぐに用意できる液体ミルクがあれば、すぐに対応出来ます。

これだけでもずいぶん気持ちが楽になるんじゃないかなと思います。

液体ミルクがあれば外出がうんと気楽に!

私は母乳と粉ミルクの混合育児で、粉ミルク期間を終えました。

現在は離乳食も3回となって、夜のみフォローアップミルクを飲ませているため、日中にミルクセットを持ち歩くことはありません。

混合でなおかつ授乳感覚が短かった頃は、とにかく外出が億劫でしたね。

なぜなら荷物が多いから!

哺乳瓶・粉ミルク・熱いお湯・湯冷ましまたは水・・・

もちろんお湯を入れるのは保温性の高い水筒ですから、これ自体が重いわけですよ。

この他にオムツやおしりふきなどもあり、この時点で私の小さめのリュックはパンパンでした。

湯冷ましや水は使わずお湯だけで調整し、そこから水道の水で温度を下げる方法もあります。

これがまた、なかなか温度が下がらないんですよね~(;´Д`)

プラスチック製に比べて、ガラス製の哺乳瓶の方が冷めやすいです。

ですがガラス製は重いです。

ああ、帯に短したすきに長しとはこのことか・・・と実感しましたね(笑)

荷物の重さを考えると、ちょっとした外出が億劫になり、結局諦めたこともしばしばありました。

もし液体ミルクがあれば、常温で持ち運べて、常温でそのままあげられます。

必要な本数だけ持てばいいんです。

液体ミルクがあれば引きこもりがちだった育児期間も、気軽に外に出ようと思えたんじゃないかなと思います。

液体ミルクがあればパパの育児参加も楽になる!

我が家は混合育児だったため夫が家にいる場合は、私が母乳をあげている間に、ミルクを用意してくれました。

その後はミルクを飲ませトントンしてゲップを出させてくれることもあれば、使用済みの哺乳瓶を洗ってくれる場合もありました。

この様に授乳のみの期間から、すでに夫婦で手分けして動くスタイルが定着していたんです。

幸いうちの夫は粉ミルクの調乳も言われた通りやってくれるタイプでしたが、面倒くさがってやってくれないダンナさんもいるかもしれません。

しかも渋々手伝ったうえに、調乳後の温度が「高すぎ!」「ぬるすぎ!」と奥さんに言われたら・・・

やる気を無くして「授乳はオレの仕事ではない」という認識になるかもしれません。

でも常温であげられる液体ミルクであれば、そのまま飲ませるだけですから簡単ですよね。

「私はオムツを片付けるから、その間に飲ませてゲップさせてね~♪」と任せてしまいましょう。

男性も赤ちゃんと触れ合うことで、愛情ホルモンのオキシトシンが分泌されるそうです。

出産直後は赤ちゃんハイになっていますから「俺の仕事ではない」と仕分けされる前に、液体ミルクを活用してぜひ参加してもらいたいですね。

液体ミルクがあれば緊急時に安心!

常温で保存可能な液体ミルクは、緊急時のストックに活用出来ます。

もし大きな災害が起った場合に、完母の方でもストレスで母乳が出なくなることがあるかもしれません。

粉ミルクがあっても清潔なお湯や湯冷ましを用意するのは難しいでしょう。

避難所へ行ったとしても、対応で忙しいスタッフへお願いするのも気が引けますよね。

けれど常温であげられる液体ミルクであれば、そのままあげることが出来るのです!

大きな震災以外でも、急な体調不良で母乳をあげられなくなることもあるかもしれません。

そういう時に常温ストック出来る液体ミルクがあれば心強いですよね。

急いで緊急病院に向かう時でも、サッとミルクのボトルを持ちだすだけですから手軽です。

哺乳瓶から飲まない場合もあるので、一緒にスプーンを持って行くと良いかもしません。

さいごに

一人っきりの育児は外出する気力すらおこらず、つい引きこもりがちになってしまいました。

液体ミルクがあれば少しでも気軽に外出できるママが増えるでしょう。

この先もこんな便利アイテムが出て来ることを期待しています!

コメント